ホームインスペクションとは

ホームインスペクション(住宅診断)とは、住宅に精通したホームインスペクター(住宅診断士)が、専門家の見地から、建物全体の状態(劣化状況や欠陥の有無)を調査し、改修すべき箇所やその時期、おおよその費用などについて、アドバイスを行う専門業務です。
診断方法は主に目視調査で、屋根、外壁、室内、屋根裏、床下などの劣化状況や施工不具合など調査診断する一次診断が基本です。
一次診断の結果次第やご利用者様の希望によっては、ある特定の不具合に対してのみ詳細に調査する『二次診断』があります。

例えば、リビングに床の傾斜があったとします。
一次診断では建物全体を調査してその中に「リビング床に○○パーセントの傾斜がある」事を確認します。しかし原因がどこにある特定できなかったとします。
二次診断ではレーザーや水準器などで床全体の細かい傾斜状況などのほか、床組みや柱、床下などの関係部位を調査して原因を究明します。
つまり、一次診断で不具合箇所を発見して、そのうち原因が不明な箇所については二次診断で詳細調査をおこなう流れです。
各事象における二次診断の調査方法などはまた別の機会でお話したいと思いますが、ホームインスペクションで確認できる多くの事象はある程度原因の推測が可能なので、二次診断に至るケースは少ないと言えます。

ホームインスペクションでは、顕在化した不具合事象を調査して建物の状態や不具合の有無を知る事ができます。
住宅の購入時や、ご自宅の売り出し前にホームインスペクションを行うことで建物のコンディションを把握でき、取引上のプラス要素になります。
また、居住中のご自宅ではリフォーム計画の基礎資料や、リフォーム詐欺に遭わない為の予備知識として利用できる利点がありますので、リフォーム予定がある方、住まいに不安をお持ちの方などは特にお勧めです。
是非ご利用下さい。

日本建診株式会社
公式サイト:https://j-kenshin.com

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です